作業員

種族に関する注意

ハチ駆除を依頼するべきかどうか、それは種族に関する注意を払えば、容易に判断できます。特に、アシナガバチ類やスズメバチ類を発見した時には、早急な業務の依頼を行うことがとても大切です。

自宅に施せる作業

ゴキブリ駆除を依頼できる業者は、自宅に施せる作業の選択肢を多数保有しています。そこに着目すれば、快適な生活を守るための対策を、いとも簡単に、そして手軽に確保できるという強みがあります。

注意しておくべきこと

シロアリ駆除を依頼するときには、業者の選択や作業中の段階で、それぞれ注意しておくべきことがあると知っておくのが欠かせません。それによって、作業の成果を高めたり、より安全な成果を獲得できたりするからです。

見た目の特徴と被害

ハチの巣を見つけたら早めにハチ駆除を依頼すれば安心です!頼れる専門業者を見つけるならコチラをチェックしましょう!

住まいの居心地をもっと良くする為にゴキブリ駆除を業者に頼みましょう。これで清潔感のある家になりますよ。

ハクビシンの特徴と被害

ハクビシンとはネコ目(食肉目)ジャコウネコ科に属する哺乳類。体長は約1m、体重2〜3kg程度で多くは海抜200〜1000mの低山の山林に生息する。雑食性のため果樹園に侵入し果実を食べ荒らすことで深刻な農業被害を与える。また民家の屋根裏に棲みついたり、車両事故を起こすなど生活被害も多々報告されている。また、最近では家庭菜園やガーデニングブームにより都心に餌場が豊富に存在するため、住宅街での相談や目撃情報が増えている傾向にある。調査によるとお寺・神社・空家・住居の台所等、多種多様な場所での生息が確認されており、環境適応力の高さもうかがえる。このため、今後は農業被害のみならず生活被害の拡大も懸念され、恒久的な被害対策が必要とされる。

被害対策時に留意すべき事

このようにハクビシンに対する被害対策が今後必要となってくるがその時に注意しておきたい点がある。ハクビシンは特定外来生物に指定されていないという点である。同じような哺乳類にアライグマがいるが、アライグマは特定外来生物法の対象種になっており、比較的自由に捕獲が可能なので被害対策も行いやすい。特定外来生物に指定されていないハクビシンは鳥獣保護法で捕獲しなければならない。簡単に説明すると、わかりやすい果樹園などの農業被害に対しては駆除許可がおりやすいが、街中や住宅街における生活被害に対しての許可は被害の度合いや原因が不明瞭なため駆除許可がおりにくいという点である。このこと関する具体的な対策はまだなされていないため、今後のために早急なガイドラインの整備が必要となるだろう。

害獣として有名なハクビシンを早めに対策しておくならこちらの專門業者に相談しましょう。プロの豊富な知識で安心して過ごせる環境に整える事ができます。